子犬を育てる

犬の社会化って何だろう? 子犬の問題行動を防止するためのしつけを解説

子犬を飼い始めて遭遇する謎の単語、「社会化」。どのようなことを指すのかよく分からないし何をすればいいのか悩んでいませんか?

社会化とは子犬に社会性を身に着けさせて人との暮らしでトラブルを起こさないように教育することを指し、そのために行う専用のしつけやトレーニングプログラムがあります。

実はこの社会化が大事と認識されはじめたのは最近のことなんです。

少なくとも先代犬を飼い始めた時(17,8年前)はそんな言葉はあまり聞かなかったし、気にしている飼い主さんも見なかったです。

しかし今では子犬の保育園など、子犬のために特化したトレーニングを行うことが主流になっています。

そこでこの記事では子犬の社会化について、ラファが実際に受けたパピートレーニングを紹介していきます。

子犬のお世話をされている方、これから子犬を迎える方はぜひ参考にしてください。

犬の社会化とは子犬が社会性を身につけること

社会化は基本的には子犬期の犬に対して使われる言葉で、好奇心旺盛で外の世界に興味津々なうちにいろんなことに慣れさせておこうということです。

要は「愛犬が自分の住んでいる環境によく慣れて問題なく生活できる状態」にすることが社会化です。具体的には

  1. 散歩では車や自転車や通行人、すれ違う他の犬に過度に反応しないこと
  2. 家の中では掃除機やチャイムの音や来客に吠えたり怯えたりしないこと
  3. トリミングサロンや動物病院などで他人に世話される状態になっても落ち着いていること
  4. 雷や嵐や不意の大きな音など気にしすぎないこと

この4つがクリアできていれば社会化できているといえます。

社会化という言葉がなかった頃でもこの4つはしつけの一環として慣れさせる訓練をしていましたね。特別なことではないと思います。

よくブリーダーのもとで90日まで他の兄弟犬と育った犬なら社会化が出来ていて大丈夫、ペットショップの犬は早い段階で1匹だけに隔離されてしまうからダメとか言われますが、子犬(~6ヶ月)のうちならさほど変わらないと思います。

それ以降でも飼い主の心がけ次第でどうにでもなる気がします。ラファもペットショップの犬ですが(しかも売れ残りで長くショップにいた)、大きな問題なく過ごせています。

子犬の社会化のためにすること

子犬が誰からものを学ぶかといえば「飼い主」です。そう、あなたの接し方が子犬の性格を作ります。

普段の犬への接し方が一番大事

社会化で一番大事なのは子犬への飼い主の接し方です。一番やりがちな失敗は「かまいすぎ」です。飼い主の過干渉は、神経質で臆病な犬になりやすいので厳禁です。

とはいえ慣れていないと犬の一挙手一投足が気になりますし、ついついあれこれと手を出してしまいがち。

また子犬の仕草が可愛くて、高い声とテンションでわちゃわちゃ撫でたりすることもあります(これ一番NGな接し方らしい)が、これも犬を無駄に興奮させて落ち着きのない犬になります。落ち着きの無さは社会性を養うのに邪魔になります。

それと、犬が初めて出会うものに興味を示しつつも距離をとっていたり、警戒しているときに「ほらほら大丈夫よ~」といって飼い主が犬のペースを無視してグイグイ近づけるのもNGです。

早く慣らしてあげようとするその気持ちは理解できますが、子犬にとっては余計なお世話です。新しいものに出会うたびに飼い主から嫌がらせを受けるようなものですので、無理に慣らそうとしないでください。

子犬にとって理想の飼い主の行動は、肝っ玉母さんです。どーんと構えて細かなことはあまり気にせず、必要な世話を淡々とこなし、ときに思いっきり甘えさせてあげる、というのが犬育ての基本です。

ラファ
ラファ
らふぁ主はテンション低めかつ反応薄めで子犬的に魅力がないのだけれど、その分犬を落ち着かせるの。ちょっとしたことでキャーキャーいって大騒ぎしてくれる他の家族は楽しいけれど、そんな興奮状態では社会性を養うどころじゃないの

子犬用のしつけ教室を利用する

家庭や散歩道で出会うものに慣らすのは飼い主家族だけで出来ますが、「他の犬に慣れる」のと「家族以外の人の世話を受け付ける」のは難しいです。

そこで活躍するのがしつけ教室のパピークラスや子犬社会化訓練と呼ばれるものです。飼い主が一緒になって子犬との接し方を学ぶものから犬同士を遊ばせるのがメインのものまでいろいろな種類があります。

本格的なしつけの前段階として行う場合が多く、特に何か訓練ぽいことをするということはあまりないです。ですが、上手に利用すると犬の社交性が明らかに上がります。

パピークラスを完了した子は家庭だけで世話をした場合より明るくて人懐こく、他の犬と遊ぶのが上手なことが多い印象を受けますね。後に更に詳しく解説します。

ラファ
ラファ
私もパピーと言うにはちょっととうが立っていたけれど通ったよ! ペットショップに長居したせいで周囲にあまり関心がなく表情も乏しかったけど、2ヶ月後には明るく活動的なったとスタッフに言ってもらえたの

社会化が出来ている犬と一緒に過ごさせる

これは親戚や友人などがしつけのしっかりできた犬を飼っている場合に有効です。その犬と一緒に過ごしているだけで、社会性のある犬の振る舞いを自然に学習してくれます。

相性とか性格がある程度似ていないと難しいので必ず出来るわけではありませんが、ローコストでお手軽です。出来る先輩にくっついてあれこれ学んでいくのは人間でも成功の近道ですが、犬にも大いに当てはまります。

ただし、問題行動も一緒にいると覚えてしまうので、真似されたくないと思う行動を持っていたらやめておいたほうが無難です。特に無駄吠えはうつりやすいので気をつけてください。

パピークラス・犬の保育園て何するの?

子犬の社会化と関連してよく聞くのが、パピー教室・犬の保育園です。どれも子犬をほかの子犬や成犬と自由に遊ばせて犬同士の関係を身に着けさせたり、家庭以外の環境に慣らしたりするものです。

具体的な内容

基本的には子犬を預けてしまいます。預かりの時間は教室によりますが、だいたい半日~1日で日帰りです。

訓練士の管理のもとで同じ月齢の子犬同士でじゃれ合ったり、飼い主以外の人に触られることに慣らしたりします。

ラファは市内にあるワンコ・ワークスさんでトレーニングを行いました。

預かり6時間を11回のコースです。週1回をせっせと通いました。

トレーニングの様子も報告を頂いているのですが、著作権があるのでブログに載せられません。ホームページの紹介動画でお伝えします。

このような感じで犬同士でじゃれ合ったりしています。トレーニングらしいトレーニングはしなかったです。

初めての子犬を迎えたひと向けにケアの仕方の講習や散歩練習など、オプションメニューもありました。

メリットと注意点

子犬の社会化が出来るだけではないパピートレーニングのメリットと、注意すべき点を知っておきましょう。

メリット
  • 預けている間は自由時間がもてる
  • 問題行動が起こりにくくなる
  • 育て方の相談にも乗ってもらえる

子犬の面倒を見ていると自分の時間がなくなるので預けている間自由になるのは正直かなりありがたいです。この間に子犬を気にせず掃除に買い物ランチなど自分の時間が持てます。

また十分に遊んでストレス発散をするためか、吠えや甘噛みなどの問題行動が減ります。

子犬の育て方の相談に乗ってもらえるのもありがたいです。ちょっとした疑問や悩みにプロのアドバイスが貰えます。

そこで必要ならトレーニングを追加すれば、子犬との関係が飛躍的に良くなりますよ。

  • お金がかかる
  • 病気や怪我のリスクがある

お金がかかるのは仕方ないですね。子犬の購入や飼育用品を揃えるのは高かったはずなのでさらにこの出費は痛いという方もいるでしょう。

他の犬との接触があるので病気の感染や、じゃれ合っているうちのケガなどリスクもゼロではありません。子犬は感染症にかかりやすいので特に注意して、体調に変化があったら病院へ。

まとめ

犬の社会化とは、子犬期に自分が住んでいる環境に慣らして外の世界に対して過敏な反応をせず、明るく穏やかな犬にするために行うしつけの最初のステップです。

特に訓練時間を設けるものではなく普段の生活の中で一つずつ教えていきますので、飼い主さんの普段からの接し方と、新しいものに出会った時の子犬の反応を正しく受け止めて導いてあげることが大事です。

初めての子犬で不安な人は教材で学んだり、パピー教室に通ってプロの指導を受けましょう。いきなり自己流のしつけはキケンです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です